最新記事一覧

北陸の雇用状況

履歴書

良い職場を探すために

北陸地方の南西部に福井県があります。福井県は日本海側の若狭湾に面する地域で、主な産業としてメガネ産業が有名です。全国的にあまり知られていないですが、越前打ち刃物という刃物産業も盛んで、岐阜県関市に次いで生産量が多いです。和紙や羽二重と言われる和服に利用される織物や繊維類など伝統的な産業が盛んであると言えます。県内の主な産業の中で最も多くを占めるのが製造業です。県外に本社機能を置く大手製造業の進出も近年になって多く見られますが、福井を支えている製造業は前に説明した産業で、中小型企業が多いです。繊維産業は全国の約40%、メガネ産業は全国の95%を占めている状況です。これらの産業はここ20年生産機能の減少が進んでいますが、問題として一番大きなものが人材不足です。県内には多くの雇用があるのですが、県を出る若者が多く、全国の95%以上を占めるシェアを持つメガネ産業でさえ、事業者数と従業員数が減り続けています。しかし、全国の眼鏡販売数は近年伸びており、それには量販店の全国進出でメガネの価格が安くなり、購入しやすくなったことが理由としてあります。このことからメガネ産業への転職は有利と考えられます。メガネ産業の問題も人材不足で増産体制を整えながら人が不足する状況です。転職を考える人の問題として、良い職場への転職を希望することでしょう。福井県で良い転職を目指すには転職を支援する企業や団体に登録しておくことです。